住宅ローンの選び方は金利だけではない




住宅ローンを選び方として金利に目が行きがちですが、金利だけで選ぶのではなく、ローンのタイプも考慮して選ぶことが大切です。通常、金利が低い住宅ローンというのは変動型だったり、固定期間選択型だったりなど、返済途中で金利が変動するタイプであることが多いです。つまり、今現在の金利は低いけれど、将来金利が高くなってしまう可能性があるということです。これは少し不安です。また総支払額で比較しないと、損をするかもしれないのです。

一方、全期間固定型のように、金利は高めに設定されていますが、返済終了まで金利が変動しないタイプもあります。
借り換えは住宅ローンの総返済額を減らすおすすめの方法!
途中で金利が変動することがないので安心感があります。将来のプランも立てやすいというメリットもあります。同じタイプの住宅ローン同士であれば、金融機関ごとに金利を比較して選ぶのは良いでしょう。ただ、その場合でも変動金利タイプを比較する場合は、どのように変動するのかをきちんと確認しなければなりません。

前の記事

AX